FC2ブログ

ストが続いて

年金法改正に反対する労組によるストが、断続的に続いている。交通機関、郵便局、学校などなど、全て部分的ストだけど。しかし、郊外に住んでいると、特に交通機関のストには苦労させられる。まあ、幸い、毎日パリに出勤する人に比べれば、自分の場合は、パリでの取材や打ち合わせの日を変更して乗り切ることができる、ストが短期間の場合は。私が利用している郊外線A線は、ストの期間も、半分は運行するし。ただ、半分と言っても、通勤時間帯だけで、昼間は動かない、なんてこともあった。

先週の火曜日もストで、13時半から始まる和太鼓教室に行けない、とがっかりしていたら、同じA線でパリに通う知人がメールで、「半分は動いている、朝だけかもしれないけど」と書いてきたので、まあ、駅まで行ってなければ、戻って来るか、と、それでも一応、サンドウィッチを作って、いつもより1時間半も早く、11時に家を出る。和太鼓教室はヴァンセンヌの近く、パリの東南で行われるので、パリ北西の郊外にある我が家から、片道1時間もかかるのだ。
駅に着くと、電光掲示板には20分ほど待てば、電車がある旨、表示されていて、めずらしく時間どおりに電車が来た。しかも、スト中は運賃が無料なのだ。電車も空いていたので、さっさと車内でサンドウィッチを食べ、ずいぶん早くパリについたので、途中で降りて、ショッピングなんぞして、まだ時間があったので、カフェでコーヒーまで飲む。地下鉄はほぼ正常に動いていたせいか、切符が必要であったが。
教室が終わった後、普段なら、せっかくパリまで来たんだから、と映画を見たりするのだが、この日は、さっさと帰途に着く。郊外電車も結局、それほど待つことなく、ストの影響はほとんど受けず、しかもパリまでタダで行くことができて、ラッキー!であった。

ストも悪くないか、なんて気楽に考えていたら、今度は、石油精製所のストが始まり、ガソリンスタンドが混んでるな、と思ったら、あっと言う間にどこのスタンドも“ガソリンありません”の表示が。電車が止まっても、いざとなれば車で出かければいいさ、と思っていたので、これにはちょっと、びびる。まあ、毎日車で通勤している人はもっと深刻なのだが。
まもなくトラック運転手もストに入るらしく、物流が色々と滞ることになるかと・・。
こうなったら、車にガソリンが残っているうちに、スーパーに行って、食料品も買いだめしておいた方がいいかも・・、なんて考えているのは私だけじゃないだろうから、今週はどこのスーパーも混雑し、品薄になるかも。

2876073386-semaine-decisive-pour-la-reforme-des-retraites[1]

(写真は年金法改正反対デモの様子、Le Mondeより)
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

ストで無料?

江草さん、こんにちは~。

Twitterで、在仏日本人の方々がストのつぶやきをしているので、
断続的な?ストが行われていることは知っていましたが、電車賃
が無料っていうのは初耳です。(今回は、郊外電車だけ?みたいですが。)
こんなラッキーな事も?あるのか・・・と思いましたが、突然?
運行しなくなるとか、ガソリンの件のようなリスキーな事もはらんでいるので、ヒヤヒヤしますね。

日本では、近年交通関係のストは滅多にないものの、1970年代は私鉄がよくストしてましたね。
でも、その時でも間引き運転状態で、完全にストップすることは稀だったせいか?運賃が無料になることは
さすがに?なかったです。
思えば?こういうところは、非常に?日本的だった気がします。

オイルショック時のトイレットペーパー買いだめも?今は昔ですが、
10月1日から日本ではタバコが軒並み値上げされて(¥300代から¥400代に値上げ幅¥100アップ)愛煙家達が9月末日までにものすごいカートン買いをしていて、ただのタバコ屋が大型量販店のように
なってました。


定期券のある人は関係ないけど

マダム・かおりんさん、こんにちは。

今日は、ストのうえに、車内で病人が出た、とかで、郊外電車はストップしてしまいました。
運賃無料は定期券を持っている人はあまり関係ないですよね。
ちなみにフランスもたばこは値上げしていますが、喫煙者は増えているそうです。原因は社会不安によるストレス増大、ってほんまかいな、という感じですが。

おすすめ情報

おすすめ情報

プロフィール

江草由香

Author:江草由香
編集者・ライター・コーディネーター。
96年に渡仏し、99年から10年間パリ発日本語情報誌『Bisouビズ』の編集長を務め、同時に日本の雑誌やWebに情報記事、コラムなどを寄稿。
2010年に日仏バイリンガルサイト『BisouJaponビズ・ジャポン』を立ち上げ、ジャパン・エキスポなどパリで行われる見本市で、日本企業や日本人クリエーターの出展をプロデュース、展示会の企画コーディネートの仕事を始める。
2018年に22年間のパリ滞在にピリオドを打ち、日本に帰国。

『BisouFranceビズ・フランス』
https://www.bisoufrance.com/

個人ブログ『湘南二宮時々パリ』
http://ninomiyaparis.blog.fc2.com/

最新記事
カテゴリ
AI翻訳
コスメ
コスメ
ワイン
ティー
航空券
レストラン予約
フランス語
アマゾン
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード