FC2ブログ

社員旅行でインド周遊2週間

このタイトル、フランス人の夫の話である。春先に会社の福利厚生部から案内が来て、夫が行きたい!と言い出した。社員旅行といっても、社員が全員参加するわけではなく、希望者のみで、費用も会社が全額負担するわけではない。それでも、旅行会社のツアーと比較すると半額以下の料金らしい。旅行もパーティに出かけるのもカップルが基本単位のフランスなので、配偶者も参加できる、費用は若干、高くなるが。

インドには前々から行きたいと思っていた。しかし、社員旅行の期間がちょうど、学校の秋休みと1週間ずれている。きっと、それに合わせたら、旅費も高くなり、また参加者が増えてしまうからだろう。まさか、インド旅行のために8才の息子を1週間休ませるわけにもいかない。また、私も長期旅行は仕事がたまってストレスの元になるので、避けたい。さらに、夫は旅先でいつも以上に我がまま放題になるので、これもストレスの原因になる。写真が趣味なので、「あの雲が動くまでここで待つ」などと言いだす。一度、奈良のお寺で「あの坊さんたちがいなくなるまで待つ」とのたまった時は、「観光客ならともかく、坊さんなら絵になっていいじゃないの!」と私が言ったら、「キミは何も分かっていない」と怒鳴り散らした。
それで、一人で行ってもらうことにした。

出発1週間ほど前に会社からはリュックと旅行ガイドが支給され、夫はうれしそうに旅行準備を始める。夫の勤める会社はフランス国内にいくつかの支社があるのだが、同じ職場からの参加者はおらず、地方支社の社員が中心だという。夫はニース支社の社員と二人で、ツインルームを利用するらしい。「その人も家族をおいて一人で参加するんだ?」と嫌味を言ったら、「きっと独身だろう」とごまかしていた。
そして、ご存知のようにフランスでは大規模ストが起こり、飛行機が飛ばなくなるかも、という噂が流れたが(実際にマルセイユの空港は労組に封鎖されたし)、幸い、シャルル・ド・ゴール空港は普通に機能し、夫は無事にロンドン経由でインドへ出発した。

夫がいないと、しょうゆ大好きの息子と二人で、食事は和食中心になり健康的だし、遅くまでベッドでのんびり本も読めるし(眠れないから電気を消せ、と言われない)、部屋も片付く(息子もちらかすが)。夕食後、夫はだらだらとテレビを見て、それが息子にとって好ましくない番組であったりするが、夫がいないと、ニュースが終わったらテレビもさっさと消せるし。
また、夫がいないとゴミがずいぶん少なくなることが発覚。単に頭数が減ることもあるが、我が家は夫が買出し担当で、冷蔵庫の中身を確認せずに、肉、野菜、果物をいつも必要以上に買う。また、割安だからと、食べ切れない量のしかも、プラスチック容器なんぞに入った果物を買ってくる。結果、定期的にしなびた野菜や腐った果物類を大量に捨てることに。朝食用のマフィン、ブリオッシュなども同様で、賞味期限前に食べきれず、捨てることがしばしば。けちな(もとい、モノを大切にする)私は、冷蔵庫に残っているものが利用できることを前提にメニュを決め、後は、必要なものを最低限の量だけ買い足す。また、なるべく簡易包装のもの(バターはプラスチック容器入りではなく、紙に包まれたものとか)を選ぶように心がけているし。こういう小さい積み重ねでゴミの量が変わって来るのだな、と実感する。

夫がいないとストレスも減るし、環境保護にも貢献できるし(?)、出張と違って、旅行の前後に夫の機嫌もいいし、社員旅行って悪くない。ただ、このご時世、福利厚生費節減のため、これが会社が企画する最後の社員旅行になるらしい。残念。

社員旅行
(写真は、屋根を直すことになり、大がかりになっている我が家の工事の様子)

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

インド・・・

江草さん、こんにちは~。

亭主元気で留守がいい!なんていうキャッチコピーが
昔ありましたけど、まさに?!そんな感じですかね?

インドは不思議な国?らしく、行った人の話によると、
すごく好きになるか、嫌いになるかのどちらかになるそうで、
すごく好きになるとリピーターになるらしいです。

そのくらい?パンチが効いた国というか、強烈な印象の多い
国らしいですね。インド人の8割は血液型がB型らしいので、
自由奔放で明るい人が多く、個性豊かな人が大勢いるみたい
で、退屈はしなさそうです。(笑)
どこでもカレーの香りがするのも好きな人にはパラダイス
だとか。

ただ、場所によっては衛生的な問題もあり、現地の人には
免疫があっても、外国人観光客にはかかると大変な雑菌も
ウヨウヨしているので、体調管理や予防だけは気をつけないと
ですが。

旦那さん、無事に元気で旅行楽しまれているといいですね。

それより、屋根工事?すごい大掛かりになってるようで、
大変ですね。でも、ピカピカになった外観の完成が楽しみ
ですね~!




お水に気をつけないと。

下痢を起こすらしいから。家の屋根は信用できる業者が見つかったのですね。

あとtwitterからは引退しました。

インドにはまる人

マダム・かおりんさん、こんにちは。

そういえば、大学の先輩で、インドにはまって、バイトしてお金貯めてはインドへ、という人がいました。女性ですが。

私も一度は行ってみたいのですけどね。

No title

Ushizakaさん、こんにちは。

私も眼精疲労のもとになるので、ツィッターは控えています。
ビズの方は、定期的に情報をUPしていますが。

おすすめ情報

おすすめ情報

プロフィール

江草由香

Author:江草由香
編集者・ライター・コーディネーター。
96年に渡仏し、99年から10年間パリ発日本語情報誌『Bisouビズ』の編集長を務め、同時に日本の雑誌やWebに情報記事、コラムなどを寄稿。
2010年に日仏バイリンガルサイト『BisouJaponビズ・ジャポン』を立ち上げ、ジャパン・エキスポなどパリで行われる見本市で、日本企業や日本人クリエーターの出展をプロデュース、展示会の企画コーディネートの仕事を始める。
2018年に22年間のパリ滞在にピリオドを打ち、日本に帰国。

『BisouFranceビズ・フランス』
https://www.bisoufrance.com/

個人ブログ『湘南二宮時々パリ』
http://ninomiyaparis.blog.fc2.com/

最新記事
カテゴリ
AI翻訳
コスメ
コスメ
ワイン
ティー
航空券
レストラン予約
フランス語
アマゾン
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード