FC2ブログ

ロマン・デュリス主演の新作映画“L'Homme qui voulait vivre sa vie”

ロマン・デュリス主演の最新作、Eric Lartigau監督作品の“L'Homme qui voulait vivre sa vie”、邦訳すれば、“自分の人生を生きたい男”、ってところか?日本公開が決まっているかどうか知らないが、公開されてもおかしくない作品。何たってデュリス主演だし、カトリーヌ・ドヌーヴもちょっと出てるし、ダグラス・ケネディ原作の一般受けしそうなストーリーだし。

あらすじは(この作品、観ようと思っている方は、読まないでください)、裕福な家庭に生まれ育ち、弁護士として成功している主人公、ポールは、パリにオフィスを持ち、郊外の邸宅に住み、美しい妻と二人の小さな子どもがいる。一見、誰もがうらやむような人生を送っているが、退屈な生活に不満タラタラの妻のご機嫌取りにうんざりしたり、タイトルどおり自分の人生を生きていないことを感じていた。その妻が、自分の古い友人のカメラマンと浮気をしていることが分かり、口論からはずみで、彼を殺してしまう。ポールは死体を載せた船(親所有の)で沖に出て、捨てる、今の生活を失いたくないから・・、と誰もが思うが、この作品のミソは、何と彼は船を爆破させ、自分自身が死んだように見せかけ、殺した友人になり済まし、ハンガリーにルポルタージュを撮りに行く、という不思議な展開になるところ。実は、ポールは若い頃、カメラマンを目指していたのだ。
いつ、自分の正体がばれるかと、びくびくしながら、異国の地で、一人、写真を撮る日々を送っていたところ、ひょんなことから作品が編集者の目にとまり、新聞に大きく掲載される。その後、ギャラリーに個展を開かないか、と提案され、断りたいがために、むちゃな契約条件をつきつけるが、それが受け入れられてしまい、さらにロンドンから来たギャラリストに「ぜひ、ロンドンで個展を」なんて誘われたり、とカメラマンとしての“成功”が押し寄せて来る。でも、彼の写真が認められるほどに、殺人犯であることがばれる可能性が高くなるのだ。やむなく、ブラジルへ渡ろうと船に乗るが、そこで、海へ投げ込まれる密航者たちの写真を撮り、さらに彼らを助けようとして、海へ突き落されるポール。こっそり投げ下ろされた救命ボートに一人の密航者を助けて乗せ、告発写真をハンガリーの編集者に送り、少し、満足げなポールの顔が映し出される。でも逃亡生活はこれからも続くのだ・・。

ロマン・デュリス新作

と、スリラー映画にカテゴライズされたシリアスな作品だが、私が監督だったら、同じシナリオで、ブラック・ユーモア調に仕立てるな。
カメラマンの友人の幽霊が、望まない成功に苦しむポールに「オレを殺すからこんな目にあうんだ、この人殺し」なんて言いながら、つきまとう。それに対して「この写真はオレがとったんだ、オレのおかげでおまえは有名になった」なんてポールが切り返したりして。
そして最後、溺れかけた密航者を助けようとするポールを、幽霊が救命ボートまで導いてやるのだ。まあ、他人の命を救おうとしたからといって、自分を殺した相手を幽霊が許す気になるかどうかは疑問だが。ともかく、それで、幽霊が無事成仏して、ハッピーエンド。おまけにポールの顔が突然、その死んだカメラマンの顔になってしまう、って、ファンタジー調も悪くないかも。
その後、再会した妻に向かって「このわがまま女!」とこっぴどく振ってやるのだ。そう、私はこの妻、どうも好きになれない。でっかい家に住み、ベビーシッターがいて、自分は好き勝手に出かけて、しかも素敵な夫が気をつかって(ご機嫌取りとも言えるが)くれているのに、浮気して、子どもを連れて出て、安っぽい自分探しをする嫌な女だ。ポールの人を殺し(はずみだったけど)、自分をこの世から消してまでの本気の自分探しとは、えらい違いだ。まあ、他人になり済まして自分探しをする、っていうのも不思議な話なんだけどね。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

おすすめ情報

おすすめ情報

プロフィール

江草由香

Author:江草由香
編集者・ライター・コーディネーター。
96年に渡仏し、99年から10年間パリ発日本語情報誌『Bisouビズ』の編集長を務め、同時に日本の雑誌やWebに情報記事、コラムなどを寄稿。
2010年に日仏バイリンガルサイト『BisouJaponビズ・ジャポン』を立ち上げ、ジャパン・エキスポなどパリで行われる見本市で、日本企業や日本人クリエーターの出展をプロデュース、展示会の企画コーディネートの仕事を始める。
2018年に22年間のパリ滞在にピリオドを打ち、日本に帰国。

『BisouFranceビズ・フランス』
https://www.bisoufrance.com/

個人ブログ『湘南二宮時々パリ』
http://ninomiyaparis.blog.fc2.com/

最新記事
カテゴリ
AI翻訳
コスメ
コスメ
ワイン
ティー
航空券
レストラン予約
フランス語
アマゾン
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード