FC2ブログ

うじ虫入りのチーズ

先週、剣道の稽古日に、クラブの先生の一人(子ども教室の先生)が誕生日だったので、サプライズ・パーティを開いた。先生の奥さん(剣道はしていない)が、お酒やおつまみを用意して来たのだが、先生自身も知っていた様子。
 その時に、他の先生が、チーズを持ってきて、私や他の日本人女性の生徒に、「においをかいでみなさい」と鼻先に、押しつける。確かに匂いは強いが、まあ、私もフランス滞在が長いので、“臭い”チーズには慣れている。でも、先生が「くさ~い」と驚いてほしそうだったので、「くさってる~」とつきあいで言ってあげると、先生は、うれしそうに「納豆よりはましだろう」。まあ、香りの質が違うのだけど。
 さて、サプライズ(このパーティの“サプライズ”はまさか、このチーズのこと?)はその後で、このチーズ、中に小さなうじ虫がたくさん入っていた。それを見たフランス人の若い女の子が「きゃー、うごいてる~」と悲鳴をあげて逃げ去る。私は思わず、カメラを取り出して、チーズ(とうじ虫)を撮影するも、暗くてうまく写らない。
 一緒に来ていた息子はこのうじ虫を見て、泣き出してしまった。そういえば、うちの息子はみみずも苦手だし、クモも嫌いだ。男の子というのはそういうものが平気なのだと思っていた。(小学生の頃、いたずらな男の子たちが、ミミズを手に持って女の子を追いかけたりしませんでしたか?)

 このチーズ、マロワルMaroilleというフランス北部産のものだそうだ。味見してみると、おいしい。「うじ虫も食べられるよ、たんぱく質だよ」と言われるが、遠慮しておく(本当かな?)。
 結局、フランス人剣道家の間でもこのチーズは不人気でたくさんあまっていたので、「ゆか、これ、少し持って帰らない?」と、言われたので、「ください!うじ虫もいっしょに」と頼む。夫へのお土産にしようと考えたのだ。
 
 ところが、家に帰って夫に見せると「気持ち悪い、そんなもの、食べられるか」と言う。フランス人の間でもあまり一般的ではないのだろうか?このチーズ。さっそくネット検索してみるが、もちろん、マロワルのチーズに関するデータはいくつか出てきたが、なぜか、「うじ虫」に関する記述がない。ウィキペディアにもこのチーズの歴史が書かれているのに、うじ虫には触れていない。おかしい、単に、普通(?)のチーズに虫がわいただけ?イタリア産のカース・マルツというチーズはうじ虫入りチーズとして知られているらしいが。

どなたか、うじ虫入りマロワルについてご存知の方は、コメント欄にご一報ください。

うじ虫チーズ
(チーズから脱出したがる、うじ虫たち)
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

見つけました。ウジ虫入りチーズのコメント

以下に抜き出します。

ウジ入りチーズをご存知だろうか。
「もやしもん」で紹介されたことで一躍有名になった蛆入りチーズ「カズ・マルツウ」だが、カズ・マルツウで検索をかけてももやしもん関連記事しか出てこない。それもそのはず、蛆入りチーズの正式な名称は「フォルマジョ・コン・ヴェルメ(Formaggio con verme)」なんである。ヴォルメ=蛆の意。イタリアのサルディーニャ島というところで今でも食されている。ペコリーノというチーズを夏場に放置し、ハエにタマゴを産み付かせさせ、ウジがわくのを待つという、これ以上ないほどエグいこのチーズはもちろん非売品。サルディーニャ島のチーズ農家が自分の家やご近所用に作る以外にはほとんど生産されていないのだとか。
どうやって食べるんだ?と疑問に思って調べてみたのだが、焼いたパンにそのまま塗って食べるというごく普通さっぷり。生きたウジが苦く、それがチーズの重みのある鈍重な味にピリリと刺す一条の刺激になって美味いのだとか。なんなんだイタリア人。
urlはhttp://chinmi.seesaa.net/article/20383667.html

記念にこれをブックマークに保存しました。

ひええ~っつ!

ウジムシ入りチーズなんて・・・ぞぞぞ~・・・。
き、気持ち悪いっす。

いくらおいしくても、無理ざんす。

写真も、グロイですね~。恐怖じゃあ~!!

恐ろしいことに

Ushizakaさん、こんにちは。

恐ろしいことに、持ってきた先生自身、中にウジ虫が入っているなんて知らなかった、と後で告白。
どうやら自然発生したウジ虫だったみたいです。私、ぱくぱく食べたけど、今頃、おなかの中でウジ虫が育っていたりして。

気持ち悪がっていれば

マダムかおりんさん、こんにちは。

私もちゃんと気持ち悪がっていれば、食べずに済んだのに。
好奇心と食い気から、おなかの中に、ウジ虫を飼うはめに(と決まったわけではありませんが)。

あ、もちろん、ウジ虫自身を食べたわけじゃないんですよ。ただ、チーズにウジ虫の卵がいて、それが私の体の中で孵化している可能性が・・。そういえば昔、サナダ虫ダイエットなんて流行りましたが・・。

おすすめ情報

おすすめ情報

プロフィール

江草由香

Author:江草由香
編集者・ライター・コーディネーター。
96年に渡仏し、99年から10年間パリ発日本語情報誌『Bisouビズ』の編集長を務め、同時に日本の雑誌やWebに情報記事、コラムなどを寄稿。
2010年に日仏バイリンガルサイト『BisouJaponビズ・ジャポン』を立ち上げ、ジャパン・エキスポなどパリで行われる見本市で、日本企業や日本人クリエーターの出展をプロデュース、展示会の企画コーディネートの仕事を始める。
2018年に22年間のパリ滞在にピリオドを打ち、日本に帰国。

『BisouFranceビズ・フランス』
https://www.bisoufrance.com/

個人ブログ『湘南二宮時々パリ』
http://ninomiyaparis.blog.fc2.com/

最新記事
カテゴリ
AI翻訳
コスメ
コスメ
ワイン
ティー
航空券
レストラン予約
フランス語
アマゾン
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード